アクセルやブレーキ操作をシステムが代行してくれます

この記事を読むのに必要な時間:約1分
高速道路で交通量が多く流れの悪い場面や、渋滞が発生してストップ&ゴーを繰り返すような長時間のドライブでは、前走車の挙動に常に注意を払う緊張状態を強いられ、大きな疲労が伴うもの。しかし、BMWはほとんどのモデルに、前走車に追従し高速走行時の疲労を軽減する「アダプティブ・クルーズ・コントロール」を備えています。

2021/7/2

アダプティブ・クルーズ・コントロールは、高性能センサーやカメラにより前走車を常に認識しながら予め設定した速度で定速走行し、前走車に近づくとシステムが距離や速度差を測定。自動的に加減速を行い、適切な車間距離を維持しながら追従走行します。停止や再加速も自動で行うため、渋滞時の運転負荷を大幅に軽減します。

BMWのアダプティブ・クルーズ・コントロールは、精度の高い制御によってスムーズな追従走行を継続し、高速道路の渋滞時におけるドライバーへの負荷を大幅に低減させます。そしてこの技術を一部の高額なモデルやオプションとしてでなく、すべてのモデルに標準装備しています。BMWは日本市場における運転支援技術のリーダーとして、高次元の運転支援技術への理解、信頼を構築し、普及させることが、近い将来の事故のない社会への実現につながるとものと考えています。たいせつなのは、安心かつ安全で快適にドライブを楽しめること。BMWの先進安全性テクノロジーは、これからも進化を続けていきます。

「駆けぬける歓び」を、心ゆくまで実感。

まずはお気軽に試乗をご体験ください

詳しくはこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら