2つのモードの組み合わせできめ細やかな調整ができます。

この記事を読むのに必要な時間:約2分
BMWは、駆けぬけることへの強いこだわりを持つドライバーの要望に応えるべく、走行シーンや気分に合わせて、オートマチックのシフト特性を調整することができる「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」と「ATセレクト」という2種類の設定を用意しています。ドライバーはこれら2つの設定を組み合わせることで、きめ細やかにシフト特性をカスタマイズでき、自分の理想とする走りを妥協せずに追求することができるのです。

2021/6/25

「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」は、ドライバーの求めるスタイルに合わせて、走行特性を最適化します。ATセレクターの右側に配置された「ECO PRO」、「COMFORT」、「SPORT」といったスイッチを押すだけで、好みの走行モードに切り替えることができるのです。

一方で、BMWの高性能オートマチックは、ATセレクトレバーを左側に倒すことで、通常の「D」から「S」(スポーツ)または「M」(マニュアル)へと切り替えが可能です。

例えば、エンジン始動時は、ドライビング・パフォーマンス・コントロールが「COMFORT」で、ATセレクトが「D」の組み合わせですが、ドライビング・パフォーマンス・コントロールを「SPORT」に変更すると、シフトスピードは速く、シフトポイント(変速時のエンジン回転数)はやや高くなりスポーティーな加速感を愉しめます。

ドライビング・パフォーマンス・コントロールは「COMFORT」のままでも、ATセレクトのみ「S」に変更すると、シフトスピードは速く、シフトポイントはさらに高くなりますので、シーンに応じて瞬間的にも鋭い加速を引き出せます。
そしてドライビング・パフォーマンス・コントロールが「SPORT」で、ATセレクトが「S」の組み合わせにすれば、シフトスピードおよびシフトポイントともに、最高にダイナミックなシフト特性になります。

BMWは、オートマチックのシフト特性ひとつをとっても、妥協することはありません。こうして2つの設定を組み合わせることで、より細やかな調整を可能にし、走ることにこだわりをもつオーナーへの期待に応えているのです。それは何よりもBMWがたいせつにしている“駆けぬける歓び”の飽くなき探究にほかなりません。

「駆けぬける歓び」を、心ゆくまで実感。

まずはお気軽に試乗をご体験ください

詳しくはこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら