デザインとアートを結ぶ BMW iX3

この記事を読むのに必要な時間:約7分
BMW iX3のエアロダイナミック・ホイールは、技術的にも芸術的にも未だかつてないものです。世界的に有名なアーティストである、スペンサー・マール・ギルバートとトニア・カルデロンの2人が、それぞれのアイデアを織り交ぜながら、ホイールのデザインに取り組みました。彼らの作品は一般販売されることはありませんが、サステイナビリティ、アート、デザインについて多くのことを表現しています。

2021/8/10

BMWは、BMW iX3のエアロダイナミック・リムによって、車輪を全く新しく作り直したと言えます。革新的な設計により、この20インチのリムは、標準的なエアロダイナミック・リムである19インチのものよりも15%軽量化され、燃費も向上。「このリムは非常にフラットであることで、優れた空力係数を実現しています。リムの内側では空気の乱れがほとんどなく、これが効率の良さにつながっています」と、iデザイン・プロジェクトのマネージャーとしてBMW iX3の開発を指揮したダニエル・ヴェヒナーは語ります。この特別な設計は、完全電気駆動モデルの航続可能距離にも大きな違いをもたらします。エアロダイナミック・ホイールのトップ・モデルを装着することで、BMW iX3の航続可能距離を最大で10km延ばすことが可能です。

基本的なホイールの材料使用量を削減し、プラスチック製キャリアにアルミニウムで表面加工を施した軽量インサートを組み合わせることで、効率だけでなくドライビング・ダイナミクスも向上させています。さらに、追加のツールを必要としないため、省資源での生産が可能となりました。また、デザインのオプションが豊富なことも、見逃せない点です。車の特徴や装備、お客様一人ひとりの要望に応じて、異なる表面デザインのインサートをホイールに装着することができるのです。

著名なアーティストであるスペンサー・マール・ギルバートとトニア・カルデロンは、効率化の追求、変化を恐れない精神、そしてサステイナビリティを中心とした考え方にインスピレーションを受けて、この新しいホイールのデザインに、遊び心と芸術性を吹き込みました。

CO2 Emissions 0 g/km (combined)
Fuel consumption 0 l/100 km (combined)
Power consumption 17,5-17,8 kWh/100 km (combined)

スペンサー・マール・ギルバート:BMWアート・カーとワシリー・カンディンスキーの出逢い

ロサンゼルス在住のスペンサー・マール・ギルバートは、大規模な壁画を描くストリート・アーティストとして名を馳せています。マイアミで開催された「アート・バーゼル」では、刺激的な壁画を制作し、その様子は、さまざまなソーシャルメディアで話題となりました。彼の作品の多くは、鮮やかな色彩、ポップ・アートの要素、明確なシンボリズムが特徴です。彼がデザインしたリムにも、その特色がはっきりと見られます。「ホイールをタイヤや車の他の部分から切り離して見てみると、その形状が非常に彫刻的であることが分かります」と彼は言います。「まるでギャラリーの展示品であるかのようなデザインです。このホイールに絵を描くことは、アートをさらにアートで装飾するような難しさがあります」

それでも、彼はこの挑戦を引き受けてくれました。まずデジタル上でスケッチを行い、インクジェット・プリンターで中性紙にプリントします。ギルバートは、それをベースに、高級な色鉛筆を使って作品を完成させました。「この作品では、あえて絵の具ではなく色鉛筆を使うことにしました。色鉛筆を使うことで、ホイールの滑らかなラインと仕上げに、少し人間的な味わいが加わり、親しみのあるテクスチャーになります」と彼は言います。

彼がインスピレーションを受けたのは、バウハウスの巨匠で画家のワシリー・カンディンスキー、抽象画の創始者ピエト・モンドリアン、そしてエスター・マラングのBMWアート・カーでした。「彼らの間には、視覚的な類似点があるように感じます」と彼は言います。「形態は機能に従う」というバウハウスの古典的な思想は、画家である彼も、部分的に応用できると感じているそうです。しかし、絵画の機能とは「とても難解なもの」であり、形態もそれに伴う必要があります。「全体的には、より良いものに変化させるというデザイン方針のもと、非常にエレガントかつ簡潔にまとめることができたと思います」と彼は振り返ります。

トニア・カルデロン:形態は機能に従う

トニア・カルデロンも、ロサンゼルスを拠点に活動しています。彼女の作品の多くは、無限の構造や表層を用いて、見る人に質問を投げかけ、感じさせ、考えさせるものです。これらの作品は、彼女の人生経験や人間関係、そしてメキシコ人、オランダ人、インドネシア人、中国人の祖先を持つ自身の多文化的背景からインスピレーションを受けています。彼女の作品のコレクターには、アリシア・キーズ、ドクター・ドレー、レディー・ガガなどの有名ミュージシャンが名を連ねています。

彼女が特に強い印象を受けたのは、エアロダイナミック・ホイールのシンメトリーなデザインでした。「さまざまなコントラストが表情豊かに強調されています。硬い線と隣り合う柔らかい丸い線や、光と影があり、まるで人生を表しているかのようです」と彼女は言います。彼女は、まずリムの写真を使ってマット紙の上に既存の型を描き、その形を強調することから始めました。「元のデザインを壊すことなく、立体的なレイヤーを加えることにしました」と彼女は言います。彼女が連想したのは、ばらばらの形が完全な円を描く、万華鏡を覗いたときのような模様です。この発想は材料の選択にも反映され、「油性塗料を使って、細かく砕いたガラスの層を施しました」と彼女は説明します。

カルデロンにとって、アートとデザインの境界線は流動的です。これは、「形態は機能に従う」という考えに対する彼女の姿勢によく現れています。「アートやデザイン作品は、常に機能に焦点を当てるべきです。伝えたいストーリーや感情、共有したい目的や象徴的な意味を考えることが重要です。形態が機能に従わなければ、人を引きつける可能性を秘めたアートは生まれません」と彼女は言います。

サステイナビリティはデザインに必要不可欠

2人のアーティストは、BMWの新しいエアロダイナミック・ホイールのサステイナビリティに大きな感銘を受けました。「私たちは、自分たちが住みたい未来を形づくることがどれほど重要かを忘れがちです。サステイナブルなデザインは、健康、共同社会、環境にとって必要不可欠なのです」とカルデロンは言います。彼女は、BMWがサステイナビリティに熱心に取り組み、それが素晴らしい結果をもたらしていることに驚いていました。ギルバートは、BMWの象徴であるスポーティさとラグジュアリーさが、サステイナブルなデザインによってむしろ際立っていることに触れ、「最高の作品ですね」と語りました。

写真:トニア・カルデロン/スペンサー・マール・ギルバート、筆者:クリスティアン・ウィンター

120 - 116
120 - 116
120 - 116