FEEL THE iX / iX3 @ SHIBUYA Event Report

この記事を読むのに必要な時間:約5分
次世代モビリティのパイオニア、BMW iXとBMW iX3。先進性、サステナビリティ、ラグジュアリーといった要素を備えたこの2モデルが、多様性とイノベーションの街、東京・渋谷でデビュー。 渋谷という街を舞台に、持続可能な次世代モビリティ iX / iX3 を見て、感じて、体験することができるプロモーションを複合的に展開し、渋谷の街を訪れる多くの方々にEVの新たな可能性を感じて頂くことができました。

2021/11/22

イベント動画

1 / 4
2 / 4
3 / 4
4 / 4

THE iX / iX3、デビュー。

THE iX / iX3 アンヴェールセレモニーの場所として選んだのは、渋谷ヒカリエ。できる限り多くの方々に体感して頂くために、メディアの方々向け、お客様向けの2部制で開催しました。

第1部では渋谷区の長谷部区長をお招きし、次世代モビリティを活用した未来の街づくりについてディスカッション。長谷部区長が発起人である「渋谷未来デザイン」とBMWで、一緒に渋谷の未来を考え、iXを活用して実証実験をしていく「未来アイデア会議」の創設を発表。

また、「アーティストトークセッション」ではスペシャルゲストとして俳優・映像監督の安藤政信さん、写真家・映像監督のレスリー・キーさん、ペイントアーティストの佐々木香菜子さんが登場し、THE iX SHIBUYA WALL JACKに提供したアート作品に込めた思いや、クルマや渋谷との関わり、クリエイティビティやダイバーシティなど、様々なテーマでクロストークを展開しiX / iX3のデビューを盛り上げました。

日時:
2021年11月4日(木)第1部 1:30 pm 〜 2:30 pm/第2部 6:00 pm 〜 7:00 pm
第1部 アーカイブはこちら>>

1 / 3
2 / 3
3 / 3

iXのアートが渋谷を彩る。THE iX SHIBUYA WALL JACK

次世代モビリティ「BMW iX」にインスパイアされた安藤政信さん、レスリー・キーさん、佐々木香菜子さん3名のアーティストが素敵な作品を制作。SOCIAL INNOVATION WEEK 2021の期間をまたいで2週間、合計120枚ものポスターとして渋谷を彩りました。渋谷駅周辺に点在するポスターを探してシェアして頂けるよう、SNSキャンペーンも実施。

期間:2021年11月2日(火)〜11月15日(月)

安藤政信さん(俳優・映像監督)

<プロフィール>
1975年神奈川県生まれ。
1996年公開の映画『キッズ・リターン』で主人公を演じ役者デビューし、映画やドラマを中心に活躍。独学で写真を撮り始め、2015年4月に開催された「Here is ZINE tokyo」への出品を皮切りに「ART PHOTO TOKYO」にて作品展示するなど、写真家としての活動をスタート。以降ポートレートを中心にエディトリアル、ファッションカタログなどの撮影を手掛け現在に至る。
短編映画制作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」に参加し『さくら、』で映画監督デビュー。

<安藤政信さんのコメント>
「Silence」=静寂、沈黙、無言・・・この写真が無言で語りかけるものを感じ取ってほしいという気持ちが込められています。
見慣れているはずのものを、角度を変えたり、切り取って眺めたりすることで、いつもと違う世界が見えてくるもの。波の揺らぎも、花のフォルムも、ものすごく感情的だし、官能的。撮影した自分にとっては、この3枚には繋がるストーリーがあるけれど、受け止め方は観る者の自由です。視覚から入っていただき、脳が癒されたり、刺激されたり、感じるままを楽しんでもらえれば。写真とはそういうものだから。

<作品名>
「Silence 01」「Silence 02」「Silence 03」

レスリー・キーさん(写真家・映像監督)

<プロフィール>
1971年シンガポール生まれ。
フォトグラファーとしてアート、ファッション、広告、映像監督などを中心に世界各国で活動。初監督ショートムービー「THE INDEPENDENTS」が2015 ASVOFFのBEAUTY PRIZE AWARDを受賞。日本のLGBTのポートレートを撮影するプロジェクト「OUT IN JAPAN」が第19回文化庁メディ芸術祭エンタテインメント部門審査委員長推薦作品に選出。
2016年より、NHKにて東京2020大会の応援テーマ「⇒2020 レスリー・キーがつなぐポートレートメッセージ」をスタート。
1500名以上のオフィシャルポートレート撮影とプロモーション映像を監督している。

<レスリー・キーさんのコメント>
渋谷は、TOKYOの他のどの街とも異なる独特のファッションスポット。多様性に富んだファッションを纏う人物と、渋谷ならではの街の風景を組み合わせることで、渋谷の持つパワーを表現してみました。そして、カラフル(=多様性を表現するレインボーカラー)な“糸” で人と人を繋ぐことで、パートナーシップを大切にしようというメッセージも込めています。今回のイベントロゴも7色で彩りました。人間もクルマも、愛する街と楽しく共存して進化していければと思います。

<作品名>
Drive to Love

佐々木香菜子さん(ペイントアーティスト)

<プロフィール>
1983年、宮城県仙台市生まれ。
1つの作風にとらわれず、多様な表現方法で制作に取り組み、作品展や海外のアートフェア、ライブペイント、企業とのコラボレーション等で作品を発表し続ける。

<佐々木香菜子さんのコメント>
縛られた世界から、ワクワクとドキドキを求め進化していく新しい自由へ走り出すBMW iXをイメージしました。

<作品名>
break on through to the new world

スクランブル交差点を、iXがジャック。

渋谷という街の象徴でもあるスクランブル交差点。この交差点を取り囲むように位置する5つの大型ビジョンで、BMW iXのCMを同時に放映しました。渋谷に訪れ、交差点のどこを見上げてもiX・・・という迫力ある光景を目にした方々も、たくさんいらっしゃったことでしょう。

日時:2021年11月5日(金)〜11月18日(木)9:00~24:00

渋谷の街がショールームに。

表参道ヒルズと渋谷キャストにて、「BMW iX」と「BMW iX3」を見て、感じて、体験できる展示イベントを開催。街中に突如現れた新型電気自動車のショールームに、多くの方が足を止め、斬新なデザインのボディと一緒に記念撮影をしたり、車内を覗き込んだり、運転席に座ったり。説明員にも様々な質問を頂き、デザインだけでなく充電関連への興味も多く、フル充電での航続距離(最大650km)に魅力を感じていらっしゃる方も数多く見受けられました。

日時:2021年11月5日(金)〜11月7日(日)
場所:表参道ヒルズ(iX)

日時:2021年11月5日(金)〜11月14日(日)
場所:渋谷キャスト(iX / iX3)

1 / 5
2 / 5
3 / 5
4 / 5
5 / 5

渋谷と一緒に、未来をつくる。

BMWは、カンファレンスや体験プログラムが開催される都市型イベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2021」に協賛。渋谷の街で多様なアイデアが出会い、つながり、形になることを目指すこのイベントに参加し、コラボレーションすることで、次世代モビリティ iX / iX3 の価値を発信。
11月9日にはSpecial Agendaとしてトークセッションを実施し、社会活動家の石山アンジュさん、コールマンジャパン代表の中里豊さん、東京2020日本代表のプロスケートボーダー白井空良さんと一緒に、次世代モビリティと新しいライフスタイルについて様々なアイデアを出し合い、クロストークを展開。渋谷未来デザインとBMWによる「未来アイデア会議」がキックオフしました。


日時:
11月9日(火)14:30~15:40

タイトル:
新しいライフスタイルをデザインする「未来アイデア会議」

登壇者:
遠藤克之輔(BMWブランド・マネジメント・ディビジョン本部長)
石山アンジュさん(社会活動家)
中里豊さん(コールマン ジャパン株式会社 代表取締役社長)
白井空良さん(東京2020代表 プロスケートボーダー)

アーカイブはこちら>>
SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2021