お客様の「なんとなく」を 的確に見極めること。

この記事を読むのに必要な時間:約1分
BMWのお客様の多くは、運転するときの繊細な感覚をとてもたいせつにされています。ですから整備の依頼内容にも、例えば「高速でハンドルを切るとなんとなく微妙に流れてしまう」といった明確な原因が容易には判断できないものが散見されます。

2021/8/27

クルマの整備には、マニュアルに沿って部品を交換すればいいものもありますが、長年の経験や勘が備わっていなければ対応できない、感覚的な事象にもよく遭遇します。人間の体におきかえてみても、ひとことで頭痛や腹痛といってもその要因は千差万別。そこで、その人の体の状態を常日頃からよく知る主治医の存在が重要な意味をもつわけです。

BMWマイスターは、クルマ全体を俯瞰し、五感を研ぎ澄ませて不具合のある箇所を見つけ出していきます。原因はマニュアルには書いていない意外なところに潜んでいたりするものです。それを的確に見つけ出し対処していく。整備後に試運転したお客様が「こういうことなんだよ」と笑顔で応えてくれることに、何よりもやりがいを感じるのです。知識と経験のバランスをたいせつにして、主治医のようにクルマとお客様に向き合うこと。ロボットやAIにはできない、伝承され続けるマイスターの技なのです。

駆けぬける歓び」を、心ゆく まで実感。

まずはお気軽に試乗をご体験ください

詳しくはこちら

BMW Web Membersに 登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら