日本の環境に合わせて 最適な整備をすること。

この記事を読むのに必要な時間:約1分
BMWを整備する上で、マイスターを始めとした整備士たちがつねにたいせつにしていること。それは、日本の道路事情や気候といった環境をしっかりと念頭に置いて、クルマと向き合うことです。意外に思われるかもしれませんが、ここ数年、日本の交通環境はさまざまな要因から、クルマに負担をかけるものとなっているのです。

2021/8/27

例えば、日本には四季があり気温の寒暖差が非常に大きい。また夏は気温が高い上に湿気も多く、近年は亜熱帯化しているといわれるほどの気候条件があります。さらにBMWの生まれ故郷であるドイツに比べて渋滞が多く、平均速度が低いため交通環境においてもクルマへのストレスは相当なものです。

そうした特殊性をふまえ、日本の整備士たちは、BMW Group アカデミーで項目別や技術別の約40項目に及ぶ整備研修プログラムや、日本の独自につくられる試験を受けながら、昇格を経て仕事の幅を広げていきます。だからこそ、日本の道を走るBMWはきめ細やかな整備のもと、過酷な状況下においても最大限のパフォーマンスを発揮することができるのです。

「駆けぬける歓び」を、心ゆく まで実感。

まずはお気軽に試乗をご体験ください

詳しくはこちら

BMW Web Membersに 登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら