先人から継承された、 ドイツの職人の技と心。

この記事を読むのに必要な時間:約1分
ドイツでは、中世の時代から職人による徒弟制度によって、技術者としての腕を磨いていく慣習があります。BMWでも、そうした徒弟制度に由来する整備士(テクニシャン)の昇格制度「マイスター制度」を採用しています。

2021/8/27

“マイスター”は、そうした職人の最高位を意味する言葉です。BMWでは、5段階の厳格な昇格制度における最高位のテクニシャンのことをBMWマイスターと呼びます。マイスターになるには最短でも5年、多くの人が10年以上を費やします。

BMWマイスターは、BMWに対する豊富な技術や知識をもっているのはもちろんのこと、経験から導き出されるとっさのトラブル解決力が求められます。マニュアルを完璧にマスターした上で、その先にある技術を追求すること。BMWがたいせつにしているこの精神性は、先人から若い世代へと脈々と受け継がれていくのです。

「駆けぬける歓び」を、心ゆく まで実感。

まずはお気軽に試乗をご体験ください

詳しくはこちら

BMW Web Membersに 登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら