この記事を読むのに必要な時間:約4分

子供と旅行するための7つのポイント

おなかすいた! あとどのくらい?トイレに行きたい!子供と長い旅行へ出かけることは、気苦労が耐えないものです。そこで、子供たちにとってのドライブ旅行を、より楽しく冒険に満ちたものに変えるための方法をご紹介します。

2020/4/2

1.

移動距離は短めに。

子供たちとの旅行前には、より綿密なルート計画が必要です。家族全員がリラックスして旅を楽しむために、一日の移動はなるべく3時間以下に抑えることをお勧めします。その程度であれば子供たちを言い聞かせることができ、途中で旅行を断念するような事態も避けられるでしょう。しかし、こまめに休憩したり、子供が遊ぶ時間を作ることを忘れないように。

2.

最適なタイミングで。

渋滞が見込まれる時期の長時間ドライブは、皆さんも毎年のように頭を悩ませる問題です。交通渋滞に巻き込まれたら、子供にとってもストレスで、退屈をきわめた子供たちの心配で、大人にも負担がかかります。渋滞が見込まれる時期は、渋滞予測を確認し出発時間を調整する等、事前に計画を立てましょう。

渋滞が見込まれる時期には、自宅で家族の時間をゆったりと過ごすのも良いアイデアです。

3.

早めに出発、早めに到着

できれば、出発は夜明け前にしましょう。子供たちはまだ疲れているため、車内でもぐっすりと眠り続けるはずです。その間、あなたはまだ空いている道をスムーズに走行することができます。また、小さなお子様の場合、午後のお昼寝タイムも移動には適した時間です。

4.

いざという時のおやつ

お腹をすかせた子供をなだめるのは大変です。しかし、最適なタイミングのおやつや食事で彼らはたちまちハッピーになり、パパやママの言うことも素直に聞くようになるでしょう。ドライブ中の食事や休憩の計画は綿密に立て、車内でもつまめる軽食やおやつを用意してください。

5.

トイレ休憩はこまめに。

休憩中は、トイレへ行きたいかを子供に尋ねるのではなく、毎回連れていくようにしてください。いざという時のために、子供の着替えはすぐに取り出せるよう準備しておきましょう。そうすれば、急な天候の変化で寒くなったり暑くなったりした時にもすぐに対応できます。

6.

ドライブを遊びの時間に。

子供たちが退屈をしないように、車内で遊べるアイテムを持って行きましょう。紙や色鉛筆、ぬり絵、図鑑などのほか、気分が悪くなる可能性がある場合は、歌を歌ったり、しりとりをするなど、一緒に楽しめるゲームを考えておくと良いでしょう。高速道路ですれ違うBMWを数えてみる、なんていうゲームも楽しいかもしれません。

7.

最終手段はアプリで。

テレビもタブレットもスマートフォンも使わない時間は、家族が絆を深める良い機会をもたらします。しかし、それでも車内での長い時間を持て余してしまうようなら、家族で楽しめるモバイル・アプリなどを利用するのも良いでしょう。子供たちが喜ぶ映画やアニメ、オーディオ・ブックを提供するアプリも多くあり、長時間でも飽きさせることなくドライブを続けることができます。

何かに夢中にさせていれば、「まだ着かないの?」という繰り返しの質問を「もう着いたの?」に変えることができます。

BMW チャイルドシート

詳細はこちら