愛犬とのドライブを愉しむために。

この記事を読むのに必要な時間:約0分

愛犬とのドライブ:安全に旅を愉しむための7つのポイント

車に犬を乗せて移動するのは、決して容易いことではありません。彼らはあなたがシートベルトを締める前にクンクン鳴いたり、吠えたり、あるいは嘔吐してしまうこともあります。ここでは、いつもの公園を散歩するように、快適かつ安全に犬とドライブを楽しむための7つのポイントをご紹介します。

2020/4/2

1.

最初はゆっくりと。

「犬を乗せてドライブしたいなら、早いタイミングで車に慣れさせることが大切です。」と語るのは、grrrドッグ・スクールのオーナー、エヴィ・グラナーさん。「旅行や長距離ドライブの当日に、いきなり犬を車に乗せようとするのはお勧めしません。まずはエンジンを止めた状態から、ゆっくりと、少しずつ車に慣れさせるようにしましょう。」犬を優しく抱き上げて車に乗せたり、小さなおやつを車内に置いて気を引いたりしながら、犬が次第に車に対してポジティブなイメージを抱けるように誘導します。

2.

自分の場所を与える。

車に乗る時は、犬も興奮します。これを落ち着けるためには、良い習慣を与えることです。常に決まった場所に座らせ、そこが自分の定位置であることを認識させます。よりリラックスさせるために、専用のクッションを与えるのも一つの方法です。運転中にも時々目を合わせるようにすれば、彼らはもっと安心できるでしょう。

「犬のブランケットやお気に入りのおもちゃを忘れずに。 いつも愛用しているものが近くにあれば、車内でも家のようにリラックスして過ごすことができます。」
エヴィ・グラナー

grrrドッグ・スクール・オーナー

3.

車内での安全性を確保。

かけがえのない家族を守るために。常に交通ルールに従って、彼らの安全性を確保しましょう。これにより、高い罰金は言うまでもなく、余計なリスクも回避することができます。車内には、オプションで専用のシートベルト、キャリア、リヤ・シート・カバーやパーテーション・ネットを追加することもできます。

4.

休憩はこまめに。

長時間のドライブは、犬にとっても大きな負担となります。途中でこまめにトイレ休憩やお散歩の時間を取ってあげましょう。出発前に、美しい森の小道や犬が遊べるエリアをチェックしておけば、思い切り走らせたり、一緒に気持ちの良い散歩を楽しむことができます。また、休憩の度に十分なお水を与えることを忘れないでください。

5.

降車のポイント

車を離れる時には、あなたがまず最初に降りてから、犬側のドアを開けて、外へ出るよう明確に指示します。犬が勝手に車を飛び出して道や周辺を走り回らないよう、車外でも常に犬の動きをコントロールするためです。この時、犬のリードは忘れずにつけるようにしましょう。

6.

食事は節度を持って。

乗車前にたくさん食事を与えることは、絶対にいけません。旅の途中で、少量のおやつを与える程度にしましょう。中には車内で具合が悪くなったり、子供と同じように吐いてしまうケースもあります。まずは近場へのドライブなどから、徐々に慣らしていくことです。

7.

常に涼しく。

アイスクリームを買うにしても、新しいラウンジチェアを買うにしても、外出時には車内で長時間、犬を待たせないようにしてください。窓を開けていても、車内の快適性や安全性を保つことができない場合が多くあります。特に夏の暑い時期などにはわずかな時間でも危険なため、犬を一緒に連れて出かけるようにしましょう。