前後重量配分50:50で得られるのは、人とクルマの一体感。

この記事を読むのに必要な時間:約1分
主にBMWのFRモデルでは、エンジンの位置を車体中央に近づけたり、バッテリーをトランクの下部に配置するなどして、前後の重量配分が、ほぼ50:50になるように設計されています。 (他の多くのクルマは、前輪のほうに多くの重量がかかっています)

2021/4/30

50:50にこだわる理由は、大きく2つ挙げられます。1つ目は、フロントが軽くなるため、ハンドリングが極めて軽快になること。
2つ目は、車体中央のドライバーとクルマの重心とを近づけることで動きがダイレクトにドライバーに伝わり、一体感が得られるからです。

この、人とクルマの一体感こそ、つねにドライバーを中心に考えるというBMWの設計思想の根幹。私たちがたいせつにするのは、いままでもこれからも、ドライバーの“駆けぬける歓び”の実現に、他なりません。

「駆けぬける歓び」を、心ゆくまで実感。

まずはお気軽に試乗をご体験ください

詳しくはこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら