ドライバー中心で あることが、BMWの変わらぬ信念。

この記事を読むのに必要な時間:約1分
BMWの設計思想の根底にあるのは、ドライバーオリエンテッドという考え方。人間工学に基づき、すべての操作インターフェイスをドライバー中心に設計しています。それは運転中のストレスや視線移動を減らし、運転に集中できる環境をつくるためです。

2021/8/5

例えばインストルメント・パネルやセンター・コンソールなどは、ドライバー側にわずかに傾斜するようデザインされています。これはドライバーにとって見やすく直感的な操作を可能とするものです。コントロール・ディスプレイは、インストルメント・パネル上部の見やすい場所に設置し、不必要に大きなディスプレイは、視界の妨げになるため採用していません。さらにiDriveコントローラーやドライビング・コントロール・スイッチ類は、ドライバーが手を伸ばせば自然に操作できる位置に配置しています。

また、シフトノブやスイッチ類などは右ハンドル車の専用設計としています。それも左ハンドル仕様を単純に左右反転したものではなく、日本仕様に向けて細かな調整を行っている点もBMWならではの、たいせつなこだわりです。ドライバーは常に運転に最適な姿勢や視線を保つことができ、安心安全に“駆けぬける歓び”を享受することができます。BMWは、運転に集中できる環境こそが、安全に、そして運転の楽しさにつながることを、100年以上にわたるクルマづくりの経験から知っているのです。

「駆けぬける歓び」を、心ゆくまで実感。

まずはお気軽に試乗をご体験ください

詳しくはこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら