車内の空気にまでこだわるのが、BMW品質です。

この記事を読むのに必要な時間:約1分
排気ガスの粒子状物質や、アレルギー物質など、大気中には目に見えないレベルの微細な浮遊物が多数存在しています。BMWはこれまでも車内の空気をきれいにする技術を搭載してきました。既存のBMWモデルでは活性炭素を利用したファイン・ダスト・フィルターを採用しており、0.3マイクロメートルのバクテリアおよびアレルゲンに対して最大99.5%のフィルター性能を備え、2.5マイクロメーター(PM2.5)未満の微粒子状物質を最大70%シャットアウトが可能でした。

2021/10/22

そして、最新のBMWモデル(7シリーズ、8シリーズ、X7、5シリーズ等)では、それらの車内への進入を防ぐフィルター・テクノロジーがより一層進化しています。ナノファイバー・フィルターを採用したことで、従来のフィルターに比べて40%以上もの性能向上を果たしており、花粉、煤、ほこり、細菌、汚染粒子等の車内への侵入を防ぎます。また、車内の空気を短時間で浄化するエアフラッシュ・モードを備えています。

BMWがたいせつにしている、空気の質にもこだわるおもてなしの心によって、居心地のよい車内空間をつくりあげています。快適な車内にすることで、ドライバーが運転に集中できる環境を整える。BMWが考える快適のテクノロジーは、常に走りに直結しているのです。

1日BMWオーナーになれるチャンス!

24時間試乗モニター募集中。

詳しくはこちら

BMW Web Membersに 登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら