ウィンカー操作だけで 車線変更ができるのです。

この記事を読むのに必要な時間:約2分
車線変更をしようとすると、死角からふいに追い越し車線上を急接近してくる車両があらわれて、ドキッとした経験はないでしょうか。そうした経験をきっかけに、車線変更に苦手意識を持っている人は、多いと思います。そんなあなたには、安全かつ正確な車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・アシスト」という機能が、おすすめです。

2021/10/15

「レーン・チェンジ・アシスト」は、一定条件下においてウインカー・レバーをワンタッチするだけで、クルマが車両周囲の安全を確認し、自動的に車線変更を行います。例えば、高速道路でアダプティブクルーズで走行中にウインカーレバーを操作すると、高性能センサーが後続車の動きを認識。安全と判断した場合にのみ、自動で車線変更します。センサーが安全でないと判断した場合や、ドライバーが自分の意思でステアリングを操作した場合はキャンセルされます。

「レーン・チェンジ・アシスト」は、万が一ドライバーが目視での確認で後続車を見落としてしまった際にも、センサーが後続車を認識することによって危険を回避します。こうして運転時のドライバーの負担を低減し、安全性と快適性を向上させるのです。ただし、これらはあくまでサポート機能であって、運転者は常に交通状況に注意し、安全運転を心がけなければならないことは言うまでもありません。たいせつなのは、事故のない安全な世界を実現のために、ドライバーに寄り添うこと。BMWはそのために、積極的に最新技術を導入しています。

安心の360°SAFETY

BMWが考える安心かつ安全なドライビングに必要な4つの柱

詳しくはこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら