夜の車内にも、駆けぬける歓びをもたらす。

この記事を読むのに必要な時間:約2分
従来、車内空間の華やかさというものは、レザーやウッドパネルといった素材によってつくりだされていました。しかし、それは陽の光のもとでのみ味わえる世界であり、夜間はメーター類のみが光る真っ暗な車内があたり前でした。ところが近年はLED照明の進化とともにアンビエント・ライト、いわゆる間接照明というものがクルマにも取り入れられるようになります。

2021/7/8

[ambient/アンビエント]とは、周囲の、ぐるりと取り巻くといった意味の単語です。以前はリーディング・ライト、フットウェル・ライト、カップ・ホルダーなどにLEDライトを配したパッケージを用意していました。しかし、現在は車内全体を取り巻くようなアンビエント・ライトが加わったことで、夜のドライブにおいて、上質で居心地のよい空間をつくりだすことができます。

カラーは6色、11パターンを用意しており、その日の気分に合わせてお好みで選択することが可能です。暖色系のカラーを選択すれば情熱的な車内空間へと変貌し、寒色系を選択すればクールな雰囲気に包まれるなど、特にナイトドライブでの雰囲気づくりには抜群の効果を発揮します。また、カラーはBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントに話して切り替えることができ、昼間とは全く異なる表情を一瞬で演出することができるのです。それは、BMWがたいせつにしている“駆けぬける歓び”をより一層、増幅してくれること間違いありません。

1日BMWオーナーになれるチャンス!

24時間試乗モニター募集中。

詳しくはこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら