サステナビリティのための、もう一つの選択肢になっていく。

この記事を読むのに必要な時間:約1分
ガソリン・エンジンよりもクリーン・ディーゼルの方が平均で25%もCO2の排出量が少ないことは、あまり知られていません。 また熱効率が高く、ガソリン・エンジンに比べて約18〜38%も低燃費です。つまり、クリーン・ディーゼルは持続可能な世界のための、もう一つの選択肢になりうると、BMWは考えます。

2021/5/14

ディーゼルの醍醐味といえば、低回転域から力強くあふれ出るトルク・フィーリング。その一方で、従来はやや鈍重なイメージがありました。
BMWの最新テクノロジー、2ステージ ターボ・システムのクリーン・ディーゼルエンジンなら、発進時の力強いレスポンスだけでなく、高回転域まで驚くほどスムーズ。環境性能はもちろん、従来のディーゼル・エンジンのイメージを根底から覆す、駆けぬける歓びにもつながっているのです。

さらに最新のBMW X5、BMW X6、BMW X7のディーゼル・モデルには、48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載。
車両重量が重いSAV車でもモーターのアシストで驚くほどスムーズに発進すると同時に、無駄な燃料消費を抑え、さらなる効率化を図っています。
BMWが長年たいせつに培ってきたクリーン・ディーゼルは、走りを磨き、環境性能を高め続けていきます。

BMW CLEAN DIESEL.

試乗で、違いを体感。

詳細はこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら