BMW 8シリーズ グラン クーペ KYOTO EDITIONが提示する、ラグジュアリーの新たな次元。

この記事を読むのに必要な時間:約7分
ドイツと日本の技と感性。崇高なケミストリーが生み出した、 KYOTO EDITIONとは。 ついにヴェールを脱ぐ、BMWの革新的プロジェクト。KYOTO EDITIONの名を冠した、日本を代表する名匠との出会いにより生まれた特別な1台をみなさまにご紹介できる日がやってきました。【第3回】

2020/8/11

BMWと日本の名匠プロジェクト

世界をリードする最先端のテクノロジーと妥協なき美意識を融合し、特別な一台を創るBMWの革新的プロジェクトが始動しました。主役は、BMW 8シリーズ グラン クーペ、そして京都に工房を構える世界的漆芸家の岡田紫峰氏です。

長い歴史をかけて日本が育んできた技と美意識にインスパイアされ、誕生したBMW 8シリーズ グラン クーペ“KYOTO EDITION”。世界を舞台に活躍する漆芸家・岡田紫峰氏がセンタートリムに漆芸を施した、ラグジュアリネスの新たな価値を提示する限定モデルです。

ドイツの職人が丹精込めてつくり上げた、特別な1台。

ボディカラーとインテリアのベースとなるのは、BMWの特別なオーダーメイド・プログラム「BMW Individual」。
このスペシャル・プログラムだけのペイントは、深みと滑らかさを極める多層仕上げを高い技術で施し、デザインの美しさをさらに際立たせるとともに繊細に変化する類まれな色彩を表現します。BMW 8シリーズ グラン クーペ“KYOTO EDITION”のために特別に選ばれたボディカラーは「アズライト・ブラック」。日本の伝統色「群青」の原料でもあるアズライト(藍銅鉱)という宝石のようなブルーの煌めきを秘めたダーク・ブラックです。藍銅鉱から抽出した群青は江戸時代に一世を風靡した「琳派」という美術工芸の流派が好んで用いたことでも知られ、日本の美意識に通じる静謐な優雅さを強く印象に残します。

珠玉のひとときをかなえる極上の素材、技の極み。

インテリア素材は、南ドイツの耕地で育てられた最上級の牛革を丹念に鞣した、希少性の高いレザー・メリノ。
傷や虫刺されのない原皮を厳選し、型押しや顔料による表面処理を行わず豊かな風合いを生かしたものです。匠の念入りな染色となめしが施されたレザーを用い、円熟の技で仕上げられたインテリアは、その美しさはもとより、滑らかな極上の肌触りで乗る人全てを魅了します。

日本を代表する工芸家による芸術作品が、走り出す。

そしてBMW 8シリーズ グラン クーペ“KYOTO EDITION”最大のハイライトは、岡田紫峰氏自らがその技と美意識の粋を注ぎ込み手仕事で制作したセンタートリムです。
氏が常に最先端の技術を研ぎ澄ませながら自動車づくりに賭けるBMWのこだわりとクラフツマンシップに共鳴し生み出したというこの漆芸作品は、これまでの自動車になかった全く新しい取り組みである一方、日本の長い歴史に根ざした芸術の新たな可能性を示唆しています。

制作過程の思いや秘話、そして実際の意匠を含めたBMW 8シリーズ グラン クーペ“KYOTO EDITION”の全て。連載次回記事にて、余すところなくご紹介しますので、ぜひご期待ください。

本プロジェクトのベースモデル、BMW M850i xDrive グラン クーペ。ゆとりに満ちた空間と息を呑むほどの美しさをたたえた、4ドア・スポーツカー。BMWの美学をもっとも刺激的な形で体現したデザインは、ラグジュアリー・スポーツカーにおけるまったく新しいデザイン言語を確立し、尽きせぬパワーと類稀な俊敏性を表しています。

ニューBMW 8シリーズ マガジンへのご登録

ニューBMW 8シリーズ マガジンではここでしか手に入らない限定イベントなどの情報を、ご登録いただいた方だけにお届けします。
ご登録はこちら