BMWとモータースポーツの比類なき融合を表しています。

この記事を読むのに必要な時間:約1分
BMW M社の「M」は、モータースポーツを意味するものです。そのルーツは1972年に設立されたレース部門である「BMW モータースポーツ」社。翌年には、真っ白な下地にブルー/パープル/レッドの3本ストライプが入った3.0CSLクーペが当時のヨーロッパ選手権で初優勝を遂げ、それはBMW Mを象徴するデザインとなりました。以降、BMW M社が開発を手がけたすべての高性能量産車にはMのロゴが配され、モータースポーツのDNAを受け継ぐものとなったのです。

2021/6/4

時を超え、MのロゴとMストライプはパープルからネイビーに色調が変わるなど、いくつかの刷新を経てきました。直近では2020年3月に新たなブランド・コミュニケーションのためにリデザイン。最新のロゴは、それまでの3次元デザインから2次元となり、ブルー/ネイビー/レッド、そして白い「M」の文字によって構成されています。

BMW Mモデルの哲学は、およそ50年間が経ったいまもかわることはありません。Mの称号を持つクルマに乗ることは、モータースポーツで培ったノウハウのすべてを手に入れるということ。アクセルを踏み込んだ瞬間、アドレナリンが出るような解放感が、あなたを圧倒することでしょう。BMW Mモデルとは、BMWがたいせつにしている駆けぬける歓びを最大化した、公道も走れる究極のスポーツカーなのです。

世界はたいせつなものであふれている。 BMW Japan 40周年記念ブランドキャンペーン

詳細はこちら