BMW
BMW

あなたの国のBMWモデル、サービスについて詳しく見る

その他の国を選ぶ

サウンド・オブ・ザ・ナイト - ナビハ・イクバルとBMW ナイトライドの出会いサウンド・オブ・ザ・ナイト - ナビハ・イクバルとBMW ナイトライドの出会い

サウンド・オブ・ザ・ナイト - ナビハ・イクバルとBMW ナイトライドの出会い

この記事を読むのに必要な時間:約5分
BMW ナイトライドは舞台を新たにロンドンに移し、BMW M240i xDriveクーペが登場します。いつものように、動画には厳選されたアーティストのカスタム・ビートが流れます。ミュージシャンでありプロデューサーでもあるナビハ・イクバルが、BMW 2シリーズで彼女のホームシティであるロンドンをドライブした際の爽快な体験を、楽曲に仕上げてくれました。彼女のことをもっと知るため、私たちもそのドライブに同行しました。

2022/6/28

ドライブと音楽は、切っても切れない関係にあります。それはナビハ・イクバルにとって特別なフィーリングであり、誰もが共感できるフィーリングでしょう。この活気と期待に満ちたフィーリングから様々な感情が生まれ、新たな冒険が始まります。ナビハは、BMW ナイトライド・ロンドンのために書き下ろした曲に、このフィーリングを取り入れました。それは、彼女に「真の歓びは何かに没頭している瞬間に訪れる」という信念があるからです。

BMW M240i xDriveクーペ、ナイトライド、ロンドン、ナビハ・イクバル、DJ、ビート、サマセット・ハウスBMW M240i xDriveクーペ、ナイトライド、ロンドン、ナビハ・イクバル、DJ、ビート、サマセット・ハウス

ナビハの曲は期待を表現しており、最初は穏やかに始まり、徐々に激しさを増していきます。それはまさに、アクセルを踏み込むごとに鼓動が激しさを増すような瞬間です。この曲は、活気あるロンドンの街にぴったりなだけでなく、ダイナミックなBMW 2シリーズにもふさわしい一曲に仕上がっています(➜ BMW ナイトライド・ロンドンについてはこちらをクリック)。

-

私たちはナビハ・イクバルのBMW M240i xDriveクーペでのBMW ナイトライドに同行し、音楽への情熱、生まれ故郷であるロンドン、そしてBMW 2シリーズ クーペについて彼女に聞きました。今すぐ観る:

サウンドトラック作曲者の素顔に迫る

BMW M240i xDriveクーペ、ナイトライド、ロンドン、ナビハ・イクバル、DJ、ビート、サマセット・ハウスBMW M240i xDriveクーペ、ナイトライド、ロンドン、ナビハ・イクバル、DJ、ビート、サマセット・ハウス

ナビハ・イクバルと彼女の作品は、特に「多面性」が特徴です。彼女は自分の音楽に、地球上の未開拓な場所のニュアンスを取り入れ、様々な要素が融合したハーモニーを生み出します。ナビハにはミュージシャン、プロデューサー、DJ、そしてラジオパーソナリティとしての顔があります。彼女が創り出す音楽は、電子ビートとギターやシタールなどの生楽器の間を行き来します。月に2回、ナビハはロンドンのラジオ・ステーションNTSから世界中に飛び出し、音楽を通じて体験した様々な文化や伝統を伝えます。

しかし、多面なのは彼女の音楽スタイルだけではありません。様々な異分野間のプロジェクトも彼女の作品となっています。ナビハは中国人アーティスト張丁とコラボしたり、テート・ギャラリーからの依頼を受けてターナー賞のための曲を作曲したり、バスキア回顧展の一環としてグループ・パフォーマンスに参加したり、量子物理学者でもあるビジュアル・アーティストとともに人工知能と音楽の関係性を研究するなど、多彩な活動を続けています。

BMW M240i xDriveクーペ、ナイトライド、ロンドン、ナビハ・イクバル、DJ、ビート、サマセット・ハウスBMW M240i xDriveクーペ、ナイトライド、ロンドン、ナビハ・イクバル、DJ、ビート、サマセット・ハウス

音楽は生活の中心

パキスタン人の両親を持つナビハは、ロンドンの中心部で生まれ、文化的な多様性のある環境で育ちました。彼女の両親は早くから、ナビハの音楽的な才能を伸ばしてあげたいと考えていましたが、音楽のキャリアよりも、まずは大学での学業を優先しました。ナビハは歴史と民族音楽学で学士号を取得し、南アフリカの歴史研究で研究修士号(エムフィル)を取得したあと、法学部に転向しました。学業と並行して、彼女はますます音楽に強く関わるようになり、今では音楽が生活の中心になっています。

BMW M240i xDriveクーペ、ナイトライド、ロンドン、ナビハ・イクバル、DJ、ビート、サマセット・ハウスBMW M240i xDriveクーペ、ナイトライド、ロンドン、ナビハ・イクバル、DJ、ビート、サマセット・ハウス

ナビハは現在、サマセット・ハウスのアーティスト・イン・レジデンスとして活躍しています。この18世紀の古典主義的建築であるサマセット・ハウスは、ひとつ屋根の下でともに創作や実験を行うアーティスト、デザイナー、思想家が集う場所となっています。ナビハは今、ここでセカンド・アルバムのレコーディングを進めています。

記事:Jelena Pecic;写真:Dennis Branko;クリエイティブ・ビデオ・プロデューサー: Noelani Dreksler;ビデオ・ディレクター:Joe Elliott