BMW Vision M NEXTの世界を 体験する、4つの方法

この記事を読むのに必要な時間:約12分
BMWの最新のコンセプトカーBMW Vision M NEXTは、未来のスポーツ・ドライビングの歓びを体現したモデルです。実際に目にするその日を待ちきれないあなたのために、今すぐBMW Vision M NEXTの魅力を堪能できる4つのコンテンツをご用意しました。

2020/4/2

BMW Vision M Nextの未知なる昂奮を体験。

モータリゼーションの話題が自動運転のみに集中しがちな中で、センセーショナルな登場を果たしたBMW Vision M NEXT。スポーティさ極まるそのシルエットと明快なデザインは、走りのダイナミクスとドライビングの愉しさをいささかの妥協もなく追求した一台であることを物語っています。BMWの未来を示唆する技術カンファレンス「#NEXTGen」BMW Group#NEXTGen(外部サイト※英語のみ)で初披露され、すでに多くの注目を集めているBMW Vision M NEXT。その並外れた個性をご確認ください。

このギャラリーでは、全身からダイナミックなオーラを放つスポーツ・カー、BMW Vision M NEXTのデザイン・ハイライトをご覧いただだけます。   

1 / 8
BMW Vision M NEXTは自動運転の時代に至っても、スポーツ・カーにおけるBMWの揺るぎないデザイン哲学が受け継がれていくことを示しています。それは、モビリティの未来とBMWの栄光に満ちた過去を繋ぐ、まさに夢のクルマのデザインなのです。
BMW Vision M NEXTは自動運転の時代に至っても、スポーツ・カーにおけるBMWの揺るぎないデザイン哲学が受け継がれていくことを示しています。それは、モビリティの未来とBMWの栄光に満ちた過去を繋ぐ、まさに夢のクルマのデザインなのです。
あらゆる角度で視線を独占。BMWを象徴するキドニー・グリルはより低い位置に設定され、スポーティさを主張。さらに、レーザーワイヤー技術が組み込まれたヘッドライトが、BMWの伝統的な4灯ライトのマスクに新たな解釈をもたらしています。
BMWのもう一つのデザイン・アイコンとして知られるホフマイスター・キンクにも再解釈がなされ、逞しいショルダー・ラインをよりいっそう強調。シルバー・メタリックとスリリング・オレンジのバイ・カラー仕上げは、スポーティなシルエットを際立たせ、魅惑的なガルウィング・ドアと相まって、より鮮烈な存在感をアピールします。
BMW Vision M NEXTの伸びやかなシルエットは、佇んでいるだけでも圧倒的なダイナミズムを見る者に感じさせます。サイドからリヤにかけて迫り上がるシャープなラインとボディ・カラーの強烈なコントラストには、誰もが息を呑むことでしょう。
すべてがドライバー中心に設計されたコックピット。ステアリング・ホイールに搭載された2つの小型ディスプレイ、その先に備わるバイザー状のガラス・ディスプレイ、車速が上がると作動するフロント・ウインドー上のフルARヘッドアップ・ディスプレイ。この3つの視界層によって、ドライバーは走行に必要な情報を瞬時に把握することができます。これらの装備は、ドライバーが何物にも邪魔されることなく、走りの歓びを純粋に味わえるよう最大限のサポートにフォーカスして開発されています。
BMW Vision M Nextのデザイナーたちが追求したのは、本質的に必要とされるもの以外のすべてを極限まで削ぎ落とすこと。ドライバーの意識を運転から逸らす要素を一切なくす一方で、細部にわたる丹念な造り込みが施されています。シートには、特殊な形状記憶パッドが組み込まれ、最適なボディ・サポートを実現。さらに、未来を示唆するこのスポーツカーには、多くのサステイナブルな素材が採用されています。
伝説的なスポーツカーBMW M1からインスピレーションを受けたルーバー状のリヤ・ウインドーを採用。ルーバーはガラス製となっており、水平方向に伸びるデザインがワイドなスタンスを視覚的に強調します。また、エアロダイナミクスを高める形状のディフューザーには、リサイクルされたカーボン素材が用いられています。
レーザーワイヤー技術が駆使された極めて高輝度なテールライトも、BMW Vision M NEXTのワイドなスタンスを強調するデザインとなっています。また、左右のテールライトから浮かび上がるように配されたBMWのエンブレムは、1973年登場のコンセプトカー、BMWターボのデザインを現代的に解釈したものです。

スポーツカー・ファンの本能を刺激してやまないBMW Vision M NEXT。その未知なる昂奮を、電動エンジンの魅惑的なサウンドを響かせたり、ダイナミックなボディ・ラインに触れてみるという特別な体験を通して堪能しましょう。ここでは、BMWを愛する世界中の人々をさらなる熱狂へといざなう、4つのコンテンツがダウンロード可能です。

BMWの未来を示唆する 技術カンファレンス「#NEXTGen」

今後、BMW Groupは独自のカンファレンス「#NEXTGen」(外部サイト※英語のみ)において、最新のテクノロジーやサービス、製品に関する発表を行います。国際ジャーナリスト、アナリスト、その他多くの関係者を招き、ミュンヘンのBMWヴェルトにて開催。このイベントは一般向けにライブ配信が行われる予定です。    

-

3Dプリント: 造形美に触れる。

ガレージに行き、BMW Vision M NEXTのスポーティな輪郭を掌でなぞる。たとえその夢をいますぐ実現するのが難しくても、これに極めて近い体験をすることはできます。BMW Vision M NEXTを精巧なミニチュアで再現し、ディテールまで堪能することです。

必要なのは、3Dプリンターだけです。3Dプリント用のデータをダウンロードして、model_BMW Vision M NEXTを印刷してください。出力できるサイズはプリンタによって異なります。

 

見るたびに新たな発見があります。ミニチュアでもこの完成度の高いスポーツカーのオーナーはあなたです。あらゆる角度で、あらゆるディテールで、BMW Vision M NEXTの卓越したフォルムをお愉しみください。

このデータでは、ボディ本体と車輪を別々に印刷することが可能。

より高精度なBMW Vision M NEXTの造形を実現します。

3Dプリント:BMW Vision M NEXTモデル

-

壁紙 -ひと目で、心を駆り立てる。

BMW Vision M NEXTの壁紙を入手して、いつも目の前に究極のスポーツカーを。

この壁紙は、あなたのスマートフォンやタブレット、デスクトップに設定することができます。

-

サウンド・ファイル: 未来を聴く

BMW Vision M NEXT、官能的な旋律。

電気自動車の魅力を音響で表現した例はあまりありませんが、BMW Vision M NEXTなら、忘れがたいサウンドをあなたの心に響かせることができます。

ハリウッド映画界でもレジェンドとして知られる作曲家、ハンス・ジマーとBMWのサウンド・デザイナー、レンツォ・ヴィターレによるブースト・サウンドは、これまで耳にしたことのない官能的な旋律で魅了します。

「ブースト・プラス(Boost+)」モードで加速するBMW Vision M NEXTのサウンドを、お確かめください。

サウンド・ファイルをダウンロードし、スマートフォンの着信音や通知音として設定することもできます。

サウンド・ファイル

名匠ハンス・ジマーによる、BMW Vision M NEXTのサウンド・デザイン

映画製作者のハンス・ジマー(写真左)と、BMW Groupの音響エンジニア兼サウンド・デザイナー、レンツォ・ヴィターレ(写真右)

映画音楽の巨匠として世界的に知られている作曲家、ハンス・ジマーは、ハリウッドで多数のサウンド・トラックを手がけ、数々の賞を受賞しています。その彼がBMW Groupのサウンド・デザイナー、レンツォ・ヴィターレとともに生み出したのが、BMW Vision M NEXTのサウンドです。

ハンス・ジマーは、彼自身とBMWの関係性についてこう語っています。

「私にとって音楽は、ミュージシャンや作曲家としての活動を始める前から、常に自らの心情に寄り添う重要な要素でした。なかでも車の音には、特別な共鳴を感じていました。ある日友人と次に通り過ぎる車が何かを当てるゲームをしましたが、私はその姿を見ないうちにエンジン音だけでそのモデルを識別することができたのです。

BMWオーナーの家で育った私は、子供の頃からベッドの中で帰宅する車の音に耳を澄ませていました。その音からは力強さや美しさだけでなく、安全性や快適性も想像することができ、すべてが世界と調和しているような安心感を抱いたのを憶えています。

様々な音楽を作り続けてきた私にとって、静かな電気自動車の登場は、音のミニマリズムに対する新たな創作意欲を掻き立てました。BMW Vision M NEXTのサウンド・デザインを手がける機会を得た時、かつて自分が体験したあの幸福感をどのように再現できるか考えました。そして試行錯誤の末、テクノロジーや科学の進化をドライビングの興奮や歓びとともに感じられる新しい音をBMWとともに生み出すことができたのです。私は次世代の自動車を担うチームの一員として音に携われることを、とても誇りに思っています。」

ハンス・ジマーについて、もう少し詳しくご説明しましょう。

ドイツ出身のハンス・ジマーは、世界で最も著名な映画作曲家の一人です。ハリウッド映画を中心に作曲、編曲、音楽プロデュースを手がけ、これまでにアカデミー賞と2つのゴールデングローブ賞を受賞、グラミー賞には17回もノミネートされ、そのうち4つの栄誉を獲得しています。その作品には「ライオン・キング」「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」、「ダークナイト」、「パールハーバー」など数々の大ヒット作が含まれています。

1 / 4
一瞬で瞼に焼きつくスリリング・オレンジ。BMWターボを彷彿とさせるこのカラーには、過去の秀逸なデザインへのオマージュが込められています。
一瞬で瞼に焼きつくスリリング・オレンジ。BMWターボを彷彿とさせるこのカラーには、過去の秀逸なデザインへのオマージュが込められています。
1972年に登場したオレンジ・レッドのBMWターボ。ガルウィング・ドアはBMW Vision M NEXTにも受け継がれ、デザインのハイライトとなっています。
3つのパーツから構成されたガラス・ルーバーは、伝説的なスポーツカーBMW M1からインスピレーションを得てデザインされました。
1978年に発売されたBMW M1。当時エンジン冷却のために採用されたリヤのルーバーは、BMW Vision M NEXTにおいてその個性を強烈にアピールするデザイン・エレメントとなっています。

-

ポスター: 幼き日の夢

子どもの頃、ベッドルームにスポーツカーのポスターを貼っていた経験はありませんか?今、その記憶にまた胸をときめかせているあなたのために、完璧なアートワークを用意しました。「Power PHEV BMW Vision M NEXT-」ファイルをダウンロードして、憧れの一台のポスターを壁に飾りましょう。

画像ファイルをダウンロードし、カラープリンターで印刷をしてください。ファイルの解像度によって、最大A2サイズまでの高品質印刷が可能です。

画質やサイズに限界はあっても、あなたの夢に限界はありません。

BMW Vision M NEXTのポスターを眺めながら、大いなる夢を描いてください。

ポスター BMW Vision M NEXT:新たな夢のために

ブーストモードおよびイーズモード

BMWの最新のコンセプトカーは、未来のモビリティでも唯一無二の歓びをもたらすことを告げています。BMW Vision iNEXTとBMW Vision M NEXT。この二つの傑出した個性は、BMWの描く2つのヴィジョンを具現化したモデルです。「ブースト(Boost)」モードでは自らステアリングを握り、最大限のドライビング・アシストを受けながらBMW Vision M NEXTのダイナミックな走りの昂奮を愉しむことができます。一方、「イーズ(Ease)」モードでは運転操作をクルマに委ね、BMW Vision inextの革新的な室内空間でリラックスしたひとときを堪能することができます。

https://www.bmw.com/en/innovation/value-of-time-via-autonomous-driving.html
(外部サイト※英語のみ)

ドライバーの快適かつ完全なコントロールを追求したBMW Vision M NEXTのコックピットでは、すべてがドライビングの歓びにフォーカスされています。

フォーミュラEのマシンを操るように、ドライバーはステアリング・ホイールで、好みのモードを選択することが可能。新たに設定された「ブースト・プラス(Boost+)」モードではボタンひとつでエンジン・パワーが追加され、昂奮をさらなる次元へ引き上げるBMW Vision M NEXTのスポーティさを実感させます。

BMW Vision M NEXT

フルスロットルで未来へ加速。

詳細はこちら