あなたの目線を認識し クルマが注意を促します。

この記事を読むのに必要な時間:約1分
BMWは、国内で販売されるモデルとして初めてハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を実現しました。ハンドルから手を離して運転できるという高性能ぶりに、わき見運転ができてしまうと勘違いされている方もおられるかもしれませんが、運転中のドライバーは前方から目をはなしてはいけません。ですからBMWはドライバーの目線を認識する「ドライバー・チェック・カメラ」を搭載しています。

2021/9/10

メーター内に設置された赤外線カメラが、ドライバーの目の動きを常にモニタリング。ハンズ・オフ走行中には、ドライバーの目線を常に認識し、目線を外した際にはわき見運転をしないよう注意を促します。前走車を追従し完全停止から再発進までを自動で行うストップ&ゴー機能付アクティブ・クルーズ・コントロールを使用している際も、カメラはドライバーの目線を認識しており、確認の上で再発進を行います。

BMWがたいせつにしている設計思想に“ドライバー・オリエンテッド”があります。それはすなわち、クルマのテクノロジーに頼り切るのではなく、人とクルマが親密にコミュニケーションしながら運転に集中できる環境をつくりあげることを意味します。たいせつなのは、ドライバーの意思やヴィジョン。テクノロジーは、そのドライバーのサポートに徹する。未来のBMWがどれだけ進化しても、人とクルマの関係性は、決してブレることはありません。

安心の360°SAFETY

BMWが考える安心かつ安全なドライビングに必要な4つの柱

詳しくはこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら