危険を察知すると瞬時にドライバーへと伝達します。

この記事を読むのに必要な時間:約2分
高速道路を走行中、うっかり車線をはみ出しそうになって、横の車線を走行する他車を驚かせてしまったり、車線変更の際に死角にいる他車に気づかすクラクションを鳴らされてハッとした経験はないでしょうか。BMWは事故を未然に防ぐために、そうした危険を察知して瞬時に警告する先進機能が備わっています。

2021/9/3

「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)」
フロント・ウインドーのカメラで車線表示を検知し、70km/h以上での走行時に車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを軽く振動させてドライバーに警告します。ちなみにターン・インジケータの操作された意図的な車線変更の際には警告は行われません。

「レーン・チェンジ・ウォーニング」
リヤ・バンパーに組み込まれたセンサーが、ドライバーから死角になる左右後方の車両や、追い越し車線上を急接近してくる車両を認識してドア・ミラー内側に組み込まれたインジケータを点滅させ警告します。ドライバーが注意喚起に気づかず、そのまま車線を越えた場合には、ステアリング操作に介入し車線維持をサポートします。

これらの警告システムは、つねに事故のリスクを先読みして、危険を察知すると瞬時にドライバーへと知らせ、ときには自動で回避動作を行います。クルマに乗る全てのたいせつな人の命を守るために、そして何より安心して歓びに満ちたドライビングを愉しんでいただくために、BMWの先進技術は進化を続けています。

安心のBMW360°SAFETY

BMWが考える安心かつ安全なドライビングに必要な4つの柱

詳しくはこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら