あなたに代わって 360°全方位を監視。

この記事を読むのに必要な時間:約2分
日々の運転中についうっかりよそ見をしてしまうなどといった人的ミスを100%避けることは難しいものです。そこでBMWは、常にリスクを先読みして危険を回避する最先端のテクノロジー「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」を搭載。万一の事故の場合は被害を最小限に抑え、さらに事故後の対応までサポートします。

2021/9/24

「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」は、高性能3眼カメラとレーダーによって前後左右360°全方位を常に認識。優れた前走車追従機能及び車線認識機能によって、まるで上手なドライバーが代わりに運転しているかのような自然なクルージングを実現します。また車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを振動させてドライバーに注意を促す「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)」や、高速道路を走行中に渋滞に巻き込まれた場合、一定の条件下であれば、ドライバーはステアリングから手を離したまま、運転を継続できる「高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシスト」など、世界最高レベルの安全性を備えています。

自動運転に向けた最新の先進運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」は、長距離ドライブ時のドライバーの疲労とストレスを大幅に軽減。そこから生まれる余裕によって、駆けぬける歓びを増幅させていきます。このテクノロジーを一度でも体験すれば、安全性が運転の楽しさに直結するという事実を、リアリティをもってご理解いただけるはずです。

安心の360°SAFETY

BMWが考える安心かつ安全なドライビングに必要な4つの柱

詳しくはこちら

BMW Web Membersに登録しませんか?

最新情報や限定コンテンツをお届け。

詳しくはこちら