BMW
BMW

あなたの国のBMWモデル、サービスについて詳しく見る

その他の国を選ぶ

VideoVideo
VideoVideo

デリーからブータンへ - 幸福へのロードトリップ

記事を読むのに必要な時間:約0分
2001年以降、リー・アッバモンテは一つの目標を持って世界中を旅しています。その目標とは、本当の幸福を見つけるということです。私たちは、インドとネパールを経て、世界で最も幸福な国へと至る彼のロードトリップに同行します。

2022/2/3

彼は探求の旅を通じて、アメリカ人として世界のすべての国を訪れた最年少記録を樹立しました。ケニアではラクダに乗ったり、リビアでは激しい銃撃に遭遇したり、イギリスのハリー王子と共に南極も訪れました。

しかし、ついに一つの旅が彼の目標を達成させたのです。それは、ニューデリーのカオスを抜け出してから2,000キロ以上を走行し、世界で最も幸せな国、仏教国ブータンへ至る「幸福への道」でした。

インドからブータンへの旅インドからブータンへの旅
BMW X5のバックミラーに映るリー・アッバモンテBMW X5のバックミラーに映るリー・アッバモンテ
私にとって、車での旅は絶対的な自由を意味しています。いつでも行きたい時に、行きたいところに行けるのですから。ロードトリップを通じ、その国の文化や人々を感じることができるだけでなく、その土地の熱狂や美しさを知ることもできます。
リー・アッバモンテ

決して眠らない街

VideoVideo
VideoVideo

インド ― それは、10億人以上の人口を抱える国。ニューデリーの街では、その大きさを実感することができます。クラクションを鳴らす音、怒鳴り声、笑い声など、耳が痛くなるほどの騒音の中で、平穏や静寂を求めることは諦めましょう。車も、牛やリキシャ、市場の屋台と一緒くたになって走っています。デリーは訪問者を丸ごと飲み込んでしまう野獣のような街ですが、その中に飛び込めば、混沌の中にもある種の美しさを見つけられることでしょう。    

素晴らしき世界

タージ・マハルの前に立つリー・アッバモンテタージ・マハルの前に立つリー・アッバモンテ

「僕の目には、タージ・マハルは世界で最も美しい建造物というだけでなく、最大の愛のモニュメントのようにも見えるのです。」と、この世界の七不思議の一つを見学後、車に戻ってきたリーは語りました。

純粋な多様性:世界の屋根

ネパール・ヒマラヤの大パノラマネパール・ヒマラヤの大パノラマ

国境を超えてネパールに入ると、その美しさに心を奪われます。BMW X5に乗ったリーは、山々を抜けて目がくらむような未舗装の道を進みます。その先には、ヒマラヤ山麓の丘や高台から息を飲むほど美しい眺めを望む、という最高のご褒美をもらうことができるのです。活気ある首都カトマンズは、本当に親しみやすい雰囲気と魅力的な寺院が訪問者を迎えます。世界の屋根と称されるエベレストは、真の威厳とは何かを教えてくれます。

ネパールのヒマラヤネパールのヒマラヤ

ダージリンの故郷で味わう一杯

紅茶を飲むリー・アッバモンテ紅茶を飲むリー・アッバモンテ

誰もがダージリン・ティーを知っています。しかし、西ベンガルにある絵画のように美しいこの小さな街を訪れたことのある人は、ほんの少ししかいません。「僕はバケット・リスト(死ぬまでにやっておきたいことのリスト)の大ファンではありません。でも、もしバケット・リストを作るとしたら、ダージリンでの一杯のお茶は絶対にリストに入れるでしょうね。」と、緑茶をすすり、平穏な瞬間を楽しみながらリーは説明します。

ヒマラヤの高台に建つ家々ヒマラヤの高台に建つ家々

10日後、2,000 km以上の道のりを経て、リーは旅の目的地であるブータンに到着しました。世界で最も幸せな国として知られている神秘的な王国です。リーはあのドラマの名前にちなんだこのロードトリップで幸せを見つけたのでしょうか?彼は笑って答えます…

幸せを見つけたかって?もちろん!でも、それは私が今ここにいるからこそ言えることです。なぜなら、幸せはどこかの「場所」で見つけられるものではないから。幸せは、旅の途中で見つかるんです。そう、出会った人々の顔の中にね。それが真の「幸福への道」なんです。
リー・アッバモンテ
VideoVideo
VideoVideo
その道こそが、目的地その道こそが、目的地

その道こそが、目的地

The BMW X5.

詳しくはこちら