BMW
BMW

あなたの国のBMWモデル、サービスについて詳しく見る

その他の国を選ぶ

Video
Video

 

記事を読むのに必要な時間:約0分

現代美術家・谷敷 謙さん「“いま”という時代だから感じられたことを大切にしたい」

2024/4/10

現代美術家・谷敷 謙さん x BMW 523i M Sport現代美術家・谷敷 謙さん x BMW 523i M Sport
BMW 523i M SportBMW 523i M Sport
現代美術家・谷敷 謙さん現代美術家・谷敷 謙さん
現代美術家・谷敷 謙さん現代美術家・谷敷 謙さん

ここ数十年で日本は、物も情報も飽和した社会になりました。僕は古着を通して感じたのは、現代はまるで“資本主義の海”のようだなと思ったんです。決して資本主義を否定しているわけではなくて、いまこの時代だからこその空気感がそれだと思ったんですね。

現代美術家・谷敷 謙さん現代美術家・谷敷 謙さん

だからいまは、その感覚を表現したいなと思っています。遠い未来の人が僕の作品を見た時に、「2024年の日本はこんな感じだったんだ」と感じてもらえるような作品を作りたいなと考えています。スタートは、身近なところからでしたけれど、今後は少し離れた目線で作品を作っていくターンになるのかなと思います。

現代美術家・谷敷 謙さん x BMW 523i M Sport現代美術家・谷敷 謙さん x BMW 523i M Sport
現代美術家・谷敷 謙さん現代美術家・谷敷 謙さん

現代美術家・谷敷 謙さん

木目込みという日本固有のテキスタイルの技術をペインティングの手法として捉え直し、新しい絵画表現を実施。

江戸時代にルーツを持ち、寺社建築の端材を人形に用いることで生まれた木目込みを、自身の経験をベースにしながら再解釈し、使用する素材を古着や廃材に絞り、元々の持ち主に由来する身体性、時間、生の感覚、そして素材となる古着が元来そなえていたブランドコンセプトを汲み取り、絵画という形態に置換しながら語り継ぎ、それと同時に祈りや願いを込めるという木目込みや伝統工芸の特有の文化や価値を現代へとリプレイスしている。

これまでの主な個展に「ONLY HOLY STORY」(日動画廊 2023,東京)、「FLOW & CONNECT」 (hiro okamoto gallery 2022,東京)、「PAUSE」(渋谷リビング,2021,東京)、「touch point」(京都ワコールスタディホール,2021,京都)があり、また主なグループ展として「手で創る-森英恵と若いアーティスト達-」(水戸芸術館,2009,茨城)、「section」(spiral hall,2021,東京)等に参加。

今回訪れた場所
谷敷 謙さん個人スタジオ
https://kenyashiki.com/

EASE MEGURO
東京都品川区西五反田3-1-2
https://iziz.co.jp/studio-and-space/list/2

 

現代美術家・谷敷 謙さん『FREUDE,forever -先駆者が見た景色-』【TBS】

本編の視聴はこちら

現在、ウェブサイトの一部機能がご利用いただけません。
クッキー管理ツールが一時的にオフラインになっているため、ウェブサイトの一部機能がご利用いただけない場合がございます。